profile

ritmico

砂田 百合香
1989年  東京生まれ
2012年  武蔵野美術大学 卒業

開田 ひかり
1988年  千葉生まれ
2012年  武蔵野美術大学 卒業 

2018年   Aesthetica Art Prize 2018 Longlist / イギリス 
2016年   助手展2016 武蔵野美術大学助手研究発表
2015年 『TOKYO artcrossing BERLIN』 Haus Schwarzenberg neurotitan ベルリン
                助手展2015 武蔵野美術大学助手研究発表
2014年 『JART4TH』 WAH Center ニューヨーク
                助手展 2014 武蔵野美術大学助手研究発表
2013年 『SICF14』青山スパイラル
                助手展2013 武蔵野美術大学助手研究発表
2012年   artcross project 2012 winter exhibition 『Creative snow in GINZA』
                武蔵野美術大学卒業・修了制作展 奨励賞受賞
2009年  砂田百合香・開田ひかりによるアートユニット ritmico 結成

 

Artist Statement

わたしたちが生きていく上で、「時間」 という概念は常に存在している。
人間は時計という装置を通して正確な 「時間」 を把握し , 行動を起こしている。
しかしそこに存在している 「時間」 は果たして 【正しい】 と言えるのだろうか。
終わりのない問いの答えを求め、 わたしたちは、自分の中にある 「時間」 という概念を視覚化し、 あたらしく捉えるための装置を生み出す。 装置を通して生み出される、 光 ・ 影 ・ 音 ・ 空気を重ね合わせ、 わたしたちは常に 「時間」 を表現することを試みている。
「時間」 という大きなテーマの中で特に私たちが着目しているのは、” 刻む” という行為である。 動力を使用することによって、 作品に命が吹き込まれ、 客観的に明確に” 刻む” という行為を提示する。 「時間」 を一度分解、 破壊し、 新しく構築するのである。

作品が形になりわたしたちの手元を離れても、 組み込まれた動力によってさらに時間造形が加えられていく。 この時間造形を経て、 初めて私たちの作品は完成するのである。

 

ritmico

“ritmico” is an art unit produced by Yurika Sunada and Hikari Hirakida. 

Yurika Sunada
2009〜2012 Musashino Art University

Hikari Hirakida
2009〜2012 Musashino Art University

2018 Aesthetica Art Prize 2018 Longlist ,UK 
2016 group exhibition “The Research Associate Exhibition 2016″Musashino Art University,Japan
2015 group exhibition “TOKYO artcrossing BERLIN” Haus Schwarzenberg neurotitan,Berlin Germany
          group exhibition “The Research Associate Exhibition 2015″Musashino Art University,Japan
2014 group exhibition “JART4TH” WAH Center,New York USA
          group exhibition “The Research Associate Exhibition 2014″Musashino Art University,Japan
2013 group exhibition “SICF14″Aoyama Spiral,Japan
          group exhibition “The Research Associate Exhibition 2013″Musashino Art University,Japan
2012 received the incentive award of Final Graduation Project exhibition graduation from Musashino Art University
          artcross project 2012 winter exhibition “Creative snow in GINZA”
2009 founded ritmico
2008 entered Musashino Art University department of Scenography

 

Artist Statement

We are always surrounded by the concept of time.
We recognize the exact time by looking at the clock and then deciding what to do.
However, we wonder if “that time” is actually correct.
For seeking the answer to endless questions, we have visualized our “time concept” and created a device to reconsider it.
We always try to represent “the time” by overlaying the lights, shadows, sounds, and air that are created by that device.
We take particular note of “ticking” in the major theme “time”.
Using power makes the art piece alive, and also allows us to present “ticking” objectively and clearly.
We have broken down, destroyed “the time,” then restructureed it.
Even after we released our art pieces, the embedded power continues to form the time. Our art pieces truly become complete after having the additional time formation.